家庭用脱毛器

家庭用脱毛器を使用する場合に注意したいトラブルについて

昨今、家庭用脱毛器がブームとなっています。
サロンに通いたいけれど、なかなか時間の都合がつかないという女性も数多くいます。
金銭的に難しいな、という女性もいますが、現在では脱毛サロンは大分従来と比べ安くなっています。

そんな中、家庭用脱毛器という優れたアイテムが販売され、
女性から注目されています。
自宅で好きなときに好きな場所で、時間を気にせず脱毛でき、
それがサロン並みのしあがりなのですから、
若干本体が高くても買ってしまう人は多いようです。

しかし家庭用脱毛器でトラブルが起こるケースは珍しくありません。
最も多いのは火傷です。

フラッシュでもレーザーでも、黒い色素に反応する光を肌にあて、
毛根にダメージを与え、ムダ毛を減らしていくという方法をとっています。
黒く太い毛には早く脱毛効果が現れますが、その分痛みは強いです。
わき、VIOラインなどは痛みが強いので、念入りに冷やしておく必要があります。
低めの出力から試していくようにするのがベストです。

また埋没毛ができると言うケースもあります。
対処法としては埋没毛は軽度のものなら、
皮膚のターンオーバーと共に毛が表面に出てきますから、
そのタイミングを見計らって脱毛するとよいでしょう。
埋没毛が気になるからとほじくって無理やり出さないようにしましょう。

傷跡が残る可能性もありますし、どうしても埋没毛を出したいというのであれば、
皮膚科に行って切開してもらう手段があります。

このように家庭用脱毛器は自分で出力を調節できる分、
便利な反面火傷の恐れが多いということが分かります。
高い出力で一気にムダ毛ケアをしようと思って、
火傷してしまっては続いて脱毛を行うことができません。

ですから自分に合った出力を試すためにも、
まずは理想の出力よりワンランクさげて脱毛を開始しましょう。

脱毛器を使うと言うことは、毛根を焼いていることになりますから、
それをイメージすると、あまり高い出力でがんがん脱毛するのはリスクがあると思いましょう。

コメントを残す