脱毛サロン

脱毛サロンでの施術はくすぐったくない?恥ずかしさはあるのか

脱毛サロンで無料カウンセリングはしたものの、
わきや特にVIOラインなどを見られるのが恥ずかしい・・・
と思っている淑女も多くおられるかもしれません。

しかし、実際脱毛が開始すると恥ずかしいどころではなくなります。
あっという間に施術が終わりますから、あれ?もう終わり?というような感じになります。

相手はプロのエステティシャンですから、
多くの女性のわきやらデリケートゾーンやら背中や胸などを見てきています。
ほぼほぼ事務的に作業を進めていきますから、恥ずかしさは最初だけです。

わきは、最初シェーバーなどで剃られる場合、くすぐったいことがあるようですが、
それもあっという間の出来事ですし、わきの黒ずみ、デリケートゾーンの黒ずみも、
最初出す時だけ恥ずかしいだけで、殆どの場合は世間話をしながら終わってしまうようなものです。

まず最初の一歩がなかなか踏み出せない人が多いのですが、
それさえ超えてしまえば脱毛サロンが恥ずかしい、なんて思いもよりません。

デリケートゾーンを脱毛してもらうのにニオイが気になる、
自分でも気にしているという人なら、脱毛に行く直前にシャワーを浴びてくればよいですし、
多少ニオイがあったとしてもエステティシャンは何も言いませんから安心しましょう。

それに最近のVIO脱毛は、下半身丸出しではなく、紙パンツのようなものをはいて、
それをずらしながらIラインやOラインを脱毛していくので、
丸出し状態ではないというところで恥ずかしさは軽減されているようです。

わきを見せるのが恥ずかしい、それさえこえれば、他の部位も全く見せるのが恥ずかしくなくなります。
スピーディに淡々と脱毛していってくれますから、むしろ気持ちいいくらいです。

アフターケアはローションを塗り込んで終了しますが、
全身脱毛の場合はやはりどこかしら見られたくないところがあるものです。
しかし先にも述べた通り、最初の一歩を踏み出してしまえばあとは怖いものなどありません。

美しい肌を手に入れるためには最初の一歩を是非勇気を出して踏み出してください。

コメントを残す