Browse Category by 肌トラブル
肌トラブル

広い範囲を毛抜き処理してはいけない?埋没毛や色素沈着について

毛抜きで広い範囲をちくちくと、毛根から引っこ抜いていく・・・
そんな地道で緻密な作業を黙々としている女性はいませんか?
確かに毛抜きで抜くことによって、カミソリのようにぶつぶつにはなりません。
そして次に生えてくる毛の間隔が長くなりますから、お手入れの回数も減ります。

しかし毛抜きで広い範囲をムダ毛処理していると、大変なことになります。

まず、毛を抜くことで毛根と皮膚の接触している部分が炎症をおこす可能性があります。
毛穴に皮脂や雑菌が入り込み、毛穴を塞ぐこともあります。
しかし毛根は毛を生やそうとしていますから、ぐんぐん毛は成長してきます。
しかし毛穴はふさがれているので外へ出ることができません。

ぐんぐん伸びた毛は次第に皮膚の中にうずもれ、巻いた状態になります。

埋没毛は毛抜きで抜いたら殆どの人が起こす肌トラブルの一種ですから、
毛抜きを使って広い範囲を処理しようとしている人がいるなら、
注意したほうが良いです。
そこらじゅうでぼつぼつと埋没毛ができる可能性が非常に高いので、見苦しくなります。

また色素沈着も避けては通れない道です。
原因として肌に強いダメージを与えることで色素沈着は起こります。

毛抜きでぶつぶつと抜いていると、自分ではわかりませんが、
その毛穴はいきなり毛を引っこ抜かれ、空洞状態になります。
そこで肌がダメージを受けるのです。

その状態のまま、紫外線などを浴びてしまうと、
メラニンがより発生しやすくなり、色素沈着という形で現れます。
さらに一度色素沈着した肌は、もう二度とキレイな色には戻らないとも言われています。
最低でも、お手入れを続けている限りはもとには戻らないでしょう。

最終的には脱毛サロンなどに通って、プロの施術を受け、クールダウンさせて、
ケアした後の肌を徹底ケアしていけば色素沈着もマシになる可能性はあります。

しかし毛抜きで抜いている限りは色素沈着の可能性や恐れというものはつきものですから、
今あなたが毛抜きで抜こうとしている場所がどこであろうと、
黒ずみが残る可能性があることだけは知っておきましょう。